【体験談】休職期間満了による自然退職のはずが自己都合退職と離職票に記載された話

退職系
スポンサーリンク

私にはある事情で休職期間を経ても復職できなかったことから退職に至った経験がある。

当時はあまり深く考えずに、会社の担当者の指示に従い退職手続きを進めた。

というよりかは、当時は会社とやり取りをするのも辛く煩わしいという精神状態だったために、早く全てを終わらせたいんじゃーーー!!!の一心で適当に済ませてしまったという方が正しいけどね。

しかし、後々考えると、ここでぐっと堪えて自分の頭で考え、先を見据えて慎重に退職手続きを行えばよかった…という後悔に苛まれることになる。

では、どうすればよかったのか?

ちょっと考えてみた。

スポンサーリンク

休職期間満了1ヶ月前に会社から連絡がある

会社の担当者から以下のような連絡があった。

休職期間満了が近づいているが、状況はいかがでしょうか。

要するに、復職するのか?それとも退職するのか?と聞きたいだけである。

私としては、復職する意思はゼロであった。

復職できる状況まで回復しないため、休職期間満了による退職と考えています。

了解しました。では、休職期間満了日の翌日が退職日となります。

なんか結構あっさりいけたなーという感じだった。

思い返すと、ここで自ら“退職を考えている”という意思表示をしたことですら、悔やまれる。意思表示があるということは自己都合退職にされかねない。

ここでの正解はこうである。

安易に“退職する”という意思表示をしない

会社から退職関連書類一式が届く

会社から退職関連書類としていくつか書類が送られてきた。

その中で最も腑に落ちなかったのは、

  • 退職届

である。

当時、深く考えていなかったながらも、“自然退職”のはずが、退職届を書く必要はあるのだろうか?という疑問が生まれた。

しかも、退職届の様式を見るとなんか書きづらい・・・

そう、そもそも退職届けとは、自己都合退職を前提に作られたものであるからだ。

念のため、担当者に問い合わせた。

会社規定に“休職期間満了日が来ても復職できない場合は、自然退職とする”とあった。退職届を書くことに違和感があるし、書き方がわからない。

すると、単に「書き方がわからない」に対してのみ回答があった。

退職理由は“労働者の事情判断によるもの”、退職申出日は(前項で述べた)“休職期間満了による退職を希望”との旨で連絡された日を記載してください。

正直、私は、ちょっと何言ってるかわかりません って言いたかった。

でも、何度も言うが当時はとにかく弱っていてそんなこと言って会社と戦う元気がなかった。

『早く退職したい』

その気持ち一新で言われるがままに退職届を書いてしまった。

しかしここでの正解はこうであった。

休職期間満了による退職の場合、退職届は提出しなくて良い
※事前に、会社規定をチェックし、以下のような記載があるならなおさら退職届は提出しなくて良いと思う。
  • 休職期間満了日が来ても復職できない場合は、自然退職とする

退職1ヶ月後に離職票が送られてきた

もやもやはあったが、ようやく退職日を迎えることができ少しすっきりしていたが、退職の約1ヶ月後に離職票が届いた。

内容を見てみると離職理由として以下のように記載されていた。

  • 離職理由欄 :労働者の個人的な事情による離職(一身上の都合、転職希望等)
  • 具体的理由欄:一身上の都合

ん?一身上の都合?なんかちがうくない?

ここでまんまと“自己都合退職”と処理されたことに気づいた。


この後、会社から送られてきた離職票を持って、ハローワークで雇用保険の受給申請に行ったが、やはり“自己都合退職”と処理されていることによる不都合が生まれる。

(続報は別の記事でご紹介したい。)

まとめ

会社は弱っている休職者にしても退職する決まった途端、何も守ってくれなくなるどころか、会社の信用のためになんとしてでも“自己都合退職”にしたがるのだ。

気を付けておくことをまとめると、

退職手続きの際に考えること
  • “自然退職”と“自己都合退職”どちらが自分にとって都合がよいか
自然退職の退職手続きの際に気を付けること
  • 安易に“退職する”という意思表示をしない
  • 退職届は提出しない

休職期間満了による退職となる場合には、辛いは思うが、先のことを考えておくことで、あとから余計な後悔をしなくて済むと思う。

自分の意に反して“自己都合退職”にされない。もしくは、“自己都合退職”にされても、退職後にハローワークにて申し立てを行うことで“自然退職”に覆すことができる可能性が高くなる。

どうか私のように後から悔しい想いをしないよう、休職期間満了による退職をしようとしてる方の参考となりますように!

コメント